観察の練習
菅俊一
NUMABOOKS/1600円+税/978-4-909242-01-3
105×148mm、上製本、256ページ、本文4C/1C
編集:内沼晋太郎+後藤知佳(NUMABOOKS)
ブックデザイン:佐藤亜沙美(サトウサンカイ)
印刷・製本:株式会社廣済堂
最新情報(Facebookページ)はこちら
観察の練習
アイデアの種は、あなたの日常の
「小さな違和感」に隠れている――。
駅やオフィス、街や家の中で出くわす、小さな違和感。あるいは、市井の人々が生み出すささやかな工夫や発明のようなもの。著者が日々収集し続けている数多の「観察」の事例を読み解く思考の追体験をしていくことで、読み手にもアイデアの種を与えてくれる。
過去の膨大な量のリサーチの中から50あまりの「観察」の成果を厳選し、テキストはまるごと書き下ろし。著者のこれまでの人気連載コラム「AA'=BB’」(modernfart)、「まなざし」(DOTPLACE)を愛読していた方も必読の、初の単著にして決定版的な一冊。

“「見落としていたものに気づく」ということ自体は、何に着目すべきかという問題設定が適切にされていれば、誰でもできるはずなのだ。
その上で、「良い」気づきを得るために「観察の練習」が必要になってくるのだ。観察による気づきは技術だと捉え、何に着目するかを意識しながら、何度も何度もやってみる。当然、技術というからには後天的に学習が可能だし、慣れれば慣れるほど上手くなっていく。”
(本書「おわりに」より)
プロフィール
菅俊一(すげ・しゅんいち)
研究者/映像作家。多摩美術大学美術学部統合デザイン学科専任講師。
1980年東京都生まれ。人間の知覚能力に基づく新しい表現を研究・開発し、さまざまなメディアを用いて社会に提案することを活動の主軸としている。主な仕事に、NHKEテレ「2355/0655」ID映像、21_21 DESIGN SIGHT「単位展」コンセプトリサーチ、21_21 DESIGN SIGHT「アスリート展」展示ディレクター。著書に『差分』(共著・美術出版社、2009年)、『まなざし』(電子書籍・ボイジャー、2014年)、『ヘンテコノミクス』(共著・マガジンハウス、2017年)。主な受賞にD&AD Yellow Pencil など。
http://syunichisuge.com
◎試し読み


※右下の四角いアイコンをクリックするとフルスクリーンになります。
◎購入する
TOKYO ART BOOK FAIR 会場限定先行予約
2017年10月5日(木)〜10月8日(日)
TOKYO ART BOOK FAIR会場内、「NUMABOOKS+本屋B&B」ブースにて、どこよりも早く本書の予約受け付けをいたします。編集途中の暫定最新版のPDFをその場でお持ち帰りいただけます。
終了しました。ありがとうございました!
NUMABOOKS直販 インターネット先行予約
2017年11月13日(月)〜12月3日(日)
NUMABOOKSによるインターネット先行予約を実施いたします。著者のサイン入り書籍がお手元に届きます。
お申込みはこちら:NUMABOOKS直販サイト
一般発売
2017年12月4日(月)〜 
全国の書店にて販売致します。店頭にない場合はご注文いただけます。
また、各インターネット書店でもご注文いただけます。
Amazon | ローチケHMV | 楽天ブックス | honto
◎販売する
書店、雑貨店、飲食店、移動販売の方など、『観察の練習』の販売をしていただける個人・法人の方を広く募集いたします。

▼1冊からの小ロットでの注文をご希望であれば、トランスビューという会社経由で仕入れられます(返品可)。
 ●トランスビュー取引について詳しくはこちら
 ●取次ルートでも発注は可能です(返品不可)。

▼10冊、20冊の買切であれば、出版社(NUMABOOKS)から直接仕入れられます。
 こちらのページのフォームに記入の上、ご注文いただけます。
 ●買切特典として、全冊著者のサイン入り本を納品いたします(2017年11月28日以降のご注文分は、サイン本がなくなり次第通常版を納品させていただきます)。
 ●本と合わせて、「菅俊一+NUMABOOKS謹製『観察の練習』フェア用選書リスト」をお送りいたします。
 ●先行販売店として、本ページに屋号(貴店名 or 団体・個人名)とURLを掲載させていただきます。
 ●取引条件など詳細は以下の通りです。
 [取引条件]
  10冊買切(全冊著者サイン入り):正味70%
  20冊買切(全冊著者サイン入り):正味60%
  ※送料元払い。
  ※月末締め翌月末払い、振込手数料はご負担いただきます。
 [発送開始予定日]
  2017年11月末日
  ※11月27日(月)までにこちらのページのフォームよりご注文の方には、一般発売日の12月4日(月)に先駆けて一足早く先行販売をしていただけます。
◎目次
はじめに/この本の読み方

第1章「痕跡から推測する」
1‐1 平らに見える歩道の正体
1‐2 無意識に取る最短経路
1‐3 整列されたゴミ
1‐4 箱の中の記録
1‐5 最低価格の掘り出し物
1‐6 自力で動きを予測する
1‐7 現場検証の限界

第2章「先入観による支配に気づく」
2‐1 見慣れた組み合わせ
2‐2 ソースの描く軌跡
2‐3 最短ルートは店の中
2‐4 胃内皮、腸フ、科科科
2‐5 泡立たない洗剤
2‐6 無表情なボタンが生む不安
2‐7 デフォルトの逆転

第3章「新しい指標で判断する」
3‐1  センサーに反応させるための指
3‐2  おいしさの定義
3‐3  音による手がかり
3‐4  単位が変わると見えてくる
3‐5  ◯◯として、見てください
3‐6  システムの裏をかく工夫
3‐7  後付けの目印

第4章「その環境に適応する」
4‐1 薄いゴミ箱の設計理念
4‐2 窓から見えた看板
4‐3 雪国に最適化されたゴミ収集所
4‐4 シャッターの内側は
4‐5 駐輪場の使い方
4‐6 物言うシャツ
4‐7 三つの顔を使い分ける

第5章「世界の中から構造を発見する」
5‐1 一度の操作で二つの機能
5‐2 作り足されたレイヤー
5‐3 「いらっしゃいませ」が含む意味
5‐4 赤青鉛筆の秘密
5‐5 エラーの生まれ方
5‐6 冬の夜のサイレン
5‐7 包み紙によるメッセージ

第6章「理解の速度を推し量る」
6‐1 顔に見えるメールアドレス
6‐2 「普通」が分からなくなるとき
6‐3 お釣りの渡し方
6‐4 「使用禁止」の伝え方
6‐5 白線の中と外
6‐6 とっさに押す方のボタンは
6‐7 誰でも分かるエラーの形

第7章「リアリティのありかを突き止める」
7‐1 生々しさの発生
7‐2 シワの取られた千円札
7‐3 理想の風の姿を見る
7‐4 因果関係をでっち上げるタイミング
7‐5 記憶の糸口
7‐6 風を増幅する装置
7‐7 潜在的にある記憶

第8章「コミュニケーションの帯域を操作する」
8‐1 地下を流れる綺麗な液体
8‐2 新しい注意の作り方
8‐3 騒音をすり抜ける声
8‐4 強引な解釈を要求する矢印たち
8‐5 見慣れた言葉が指し示すもの
8‐6 串焼きメニューのプロトコル
8‐7 先回りして用意された注意

おわりに
初出一覧/著者プロフィール