大人の部活が生まれる、街のシェアスペース。numabooks代表・内沼晋太郎が株式会社リビタと共に、施設のネーミングやコンセプトメイキング、クリエイティブチームの人選およびディレクション、運営や「部活」を生み出す仕組みづくりなど、クリエイティブ全般のディレクションを手掛けた。現在は講座やワークショップの企画を担当。

CL:株式会社リビタ、ドックヤードガーデン活用事業運営協議会(横浜市、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団、三菱地所株式会社、三菱地所プロパティマネジメント株式会社)