181260 雑誌『こころ』Vol.20(平凡社)のリレーエッセイ「こころに残る言葉」に、num­a­books代表・内沼晋太郎が「憶えていないことは、大切でないこと」と題した小文を寄稿しました。